トラブルの原因

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

国際離婚をする上での最初の関門は法律です。日本の法律が適応されるのであれば、通常の離婚と同じ流れとなりますが、相手が外国にいたりする場合には、問題が複雑になります。どちらにせよ国際離婚は、難しい諸事情が絡んできますので、弁護士に相談することをお勧めします。

国際離婚の問題として、次にはビザの手続きがあります。結婚時にビザの手続きを行いますが、離婚となれば外国人配偶者のビザは失効してしまいます。つまりその国で生活することができなくなるわけです。こういった問題は、離婚してもそのまま在留資格を持ち続けられると勘違いしているケースがよくあります。ビザに関しても、弁護士に調べてもらうほうがいいでしょう。

そして最も大きな問題としては、子どもがいる場合の離婚です。離婚した場合、その子どもを日本に連れて帰ろうとすれば、「連れ去り」とみなされる場合もあります。また、外国へ子どもを残してしまう場合も、その元配偶者との連絡がつかなくなってしまえば、我が子に二度と会えなくなってしまうこともあるのです。このように特に子どもの問題に関しては、とてもデリケートなものになりますので、当事者同士のみで判断するのではなく必ず弁護士を介して話し合いを進める必要があります。とにかく国際離婚に関しては、まず弁護士に相談と覚えておいてください。

推奨リンク|弁護士へ離婚相談『小原法律特許事務所』

国際離婚の原因

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

異国という垣根を超え、愛し合い結婚した二人であっても、その愛情がいつまでも続くわけではありません。残念ながら離婚という決断に至ることもあるのです。この国際離婚は、その原因として日本人同士の離婚にはないものが挙げられます。ではこの国際離婚ならではの原因とはどういったものなのでしょう。

まず最も大きなものとしては、価値観の違いです。生まれ育った環境とまったく違う文化の国へ住むわけですから、その文化に馴染めないこともあります。その中でも家族や子どもについての価値観の違いは、外国と日本では大きく異なることもあるのです。もちろん、物事の考え方や捉え方も違いますので、それが積み重なってくるとすれ違いも多くなってくるのです。

また、宗教が原因となることも少なくはありません。日本人の宗教観と外国人のそれの間にはかなり大きな隔たりがあることがあります。日本人が考える以上に、宗教に対しての姿勢には厳しい国もあるのです。それ以外にも、言葉の問題があります。やはり言語が違うことで、微妙なニュアンスや意思の疎通に問題が出てくるのです。これが徐々に夫婦間の亀裂となることもあるのです。このように、国際離婚には様々な原因が潜んでいますので、いくら愛し合っていても日々の生活において、少しずつズレが生じてくるのも無理はないのです。

国際離婚と弁護士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

現代社会は、国際社会と呼ばれるほど諸外国との関わりが密接になっています。経済や文化はもちろんのことですが、結婚においても今やすっかり国際化が進み、日本でも外国人との結婚は珍しいものではなくなりました。ただその反面、離婚も増えているのです。ただでさえ日本人同士の離婚も多いのですから、国際結婚というケースでの離婚が増えるのも当たり前と言えるでしょう。

さて、この国際離婚ですが当然のことながらトラブルに発展することも少なくはありません。こういったトラブルに関しては、相手の国の法律が絡んできますので、ぜひ弁護士に相談することをおすすめします。いくら国際結婚が増えたからと言って、離婚に関しての知識が充分だとは限りません。何も知らないまま離婚を進めていると、思わぬ落とし穴や大きなトラブルに巻き込まれる恐れもあるのです。

国際離婚をスムーズに進めるためには、弁護士の知識と経験が必要で、できるなら海外での弁護士資格を持っている国際的な弁護士に依頼するのがいいでしょう。全ての弁護士が国際離婚に関して精通しているわけではありません。得手不得手もあるでしょうし、向き不向きもあるのです。国際離婚を考えているのなら、それに関して充分な知識を持った弁護士を選ぶことが大きなポイントとなります。

国際離婚のトラブル

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日本に訪れる外国人は増え続けていますが、それとは逆に、海外へ移住する日本人も増えています。その一つの原因と言えるのが、国際結婚でしょう。外国人との結婚により、相手が日本へ移住する場合と、日本人が相手の国へ移住するというケースが考えられます。また、日本でも相手の国でもない第三国で結婚生活を送る場合もあり、まさに国際結婚は国際社会を象徴するものとも言えるのです。

国籍を超えて結婚するということは、周りから見ればとても素敵なことに映ります。ただ、結婚生活は長きに及びますので、その結果、徐々に夫婦間のすれ違いが生じることも珍しくはないのです。例えば、日本人と外国人との価値観の相違、また文化や宗教といった問題もあります巣。もちろん、言葉の壁もあるでしょうから、国際結婚というものは思った以上に離婚の危険性を孕んでいるとも言えるのです。

国際結婚も大変ですが、国際離婚はそれ以上に難しいものと言えます。国際離婚の前に大きく立ちはだかるのは法律です。異国で暮らす以上、その国の法律に従わなければいけません。日本人だからといって、日本の法律が通用することでもないのです。具体的にはビザの問題や、子どもの親権の問題などがあり、これらは容易に解決できることでもありません。国際離婚をスムーズに進めたい場合は、弁護士に相談するのが一番です。とにかく国際離婚は様々な事情が複雑に絡んできますので、そういった案件に精通した弁護士を選ぶことで、より安全な離婚を進めることができます。このサイトは国際離婚と弁護士について説明します。