トラブルの原因

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

国際離婚をする上での最初の関門は法律です。日本の法律が適応されるのであれば、通常の離婚と同じ流れとなりますが、相手が外国にいたりする場合には、問題が複雑になります。どちらにせよ国際離婚は、難しい諸事情が絡んできますので、弁護士に相談することをお勧めします。

国際離婚の問題として、次にはビザの手続きがあります。結婚時にビザの手続きを行いますが、離婚となれば外国人配偶者のビザは失効してしまいます。つまりその国で生活することができなくなるわけです。こういった問題は、離婚してもそのまま在留資格を持ち続けられると勘違いしているケースがよくあります。ビザに関しても、弁護士に調べてもらうほうがいいでしょう。

そして最も大きな問題としては、子どもがいる場合の離婚です。離婚した場合、その子どもを日本に連れて帰ろうとすれば、「連れ去り」とみなされる場合もあります。また、外国へ子どもを残してしまう場合も、その元配偶者との連絡がつかなくなってしまえば、我が子に二度と会えなくなってしまうこともあるのです。このように特に子どもの問題に関しては、とてもデリケートなものになりますので、当事者同士のみで判断するのではなく必ず弁護士を介して話し合いを進める必要があります。とにかく国際離婚に関しては、まず弁護士に相談と覚えておいてください。

推奨リンク|弁護士へ離婚相談『小原法律特許事務所』